MTA: Developer

MTA: Developer

マイクロソフト テクノロジー アソシエイト


この認定は、ソフトウェア開発者としてのキャリアを築くことを目的としています。このパスは、実践的な製品トレーニングとMCSD認定の準備に役立ちます。MTA ソフトウェア開発に関する基本事項から始めます。次に、自分のキャリア開発目的に合うように、このトラックから追加のトピックを選択してください。MTA 認定資格では、幅広い角度からテクノロジの基本的な概念を扱い、コアとなる技術知識を評価および検証し、テクノロジ面の信頼性を高めます。


前提条件無し


Exam 98-361

試験98-361/コース40361A


ソフトウェア開発に関する基本事項


この試験の受験者は、ソフトウェア開発のコア スキルを証明しようとしている個人を対象としています。受験者には、関連するトレーニング コースを受講するか、MSDN と Microsoft Visual Studio で利用可能なチュートリアルとサンプルを利用して、ここで説明するテクノロジの概念を理解し、実地経験を積むことをお勧めします。受験者には、C# や Microsoft Visual Basic .NET における一定の経験が求められます。


Exam 98-375

試験98-375/コース40375A


HTML5 アプリケーション開発に関する基本事項


この試験の受験者は、今日のタッチ対応デバイス (PC、タブレット、携帯電話) で動作する HTML5 クライアント アプリケーションの開発のコア スキルを証明しようとしている個人を対象としています。HTML はブラウザーでレンダリングして UI を生成する Web テクノロジと考えられがちですが、この試験は HTML5、CSS3、および JavaScript を使用してクライアント アプリケーションを開発する方法に焦点を当てています。この試験を受ける前に、受験者はこの準備ガイドで概説したトピック (CSS や JavaScript など) に関する強固な基礎知識が必要です。受験者には、関連するトレーニング コースを受講するか、MSDN と Microsoft Visual Studio で利用可能なチュートリアルとサンプルを利用して、関連テクノロジの概念を理解し、実地経験を積むことをお勧めします。


Exam 98-380

Exam 98-380/MVA Course 380


Blockベースの言語によるプログラミング入門


この試験の受験者は、アルゴリズムの流れを理解し、共通のプログラム制御構造を実装する必要があります。受験者は、MicrosoftのTouch Develop環境、MIT Scratch, Google Blocklyといったブロックベースの言語の経験を持っている必要があります。


受験者にはブロックベースプログラム言語のデザイン、作成、公開といった経験を持つことが期待されています